FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

あきらめない勇気。

2011/07/05 Tue 22:40

さっきまで蚊がいっぱいいて、暑くてどうにもならないってブログをつらつら書こうかと思っていたんだけど、違うブログ見てたらなんか無性にやるせなくなってきてやめました。

カユイ事実は変わらないし、結構無視できない次元なのですが…。

もう25歳になりました。だいぶ前だけど。
まだ目標半ばで歩いている私は、よくこう言われます。

『今後、どうするの?』
『言い訳じゃない?』
『それって甘えじゃない?』
『それで生きていけるの?』
『上手くいくの?』

いまだに覚悟を決めきれない私は、そんな度に流されそうになります。

「現実的にはどうやって生きていけばいいんだろう」
「…結局のところ何かをするためにはお金がかかりすぎる」

あきらめることも、人を納得させることもできない弱い私。
生きていくことも、我慢する体力と精神力も、受け流せる強さも持っていなくて、上手くいかないときは心が折れそうになりました。やっぱり結果はほしいし、コンスタントな成果が無い状態では、誰も納得させることはできない。

でも、そう簡単に結果が出ないことも、停滞期がやってくることも経験上知っている。
まだまだ未完成な私は、付け焼刃で物事を完成させられるほど、力が無いこともわかっている。

あきらめなければ成果が出始めることも事実も。

平坦な道を進むことができないということも。

あきらめなければ戦争が起きない限りは夢はかなえられると私の好きなデザイナーさんが言っていました。
私の作品も気付いたら欧州のある国で展示していただけることになりました。いっぽずつ、夢は進んでいるのだと思う反面、数年前に完成させた作品から、私は今一歩も進めず数年間滞っているという現状にも気付かされました。

私、あきらめてたんだな、って。
このままだと、ただの口だけの人になる。

あきらめる勇気もなく、かといって覚悟もなく、ただ右往左往している自分。
超かっこ悪い。

「根性」という言葉を座右の銘に、倒れるまで気付かなくて突っ走ってしまって、結局自分で気付かない。
自己管理っていって、倒れでもしなければ休ませてくれないくせに、って、結局人のせい。

自分を守れるのも、自分しかいないのだから、仕方ないじゃない。
私の体のことを他人がわかったほうが恐いだろう、って思います。

十代のころは根性でもったけど、(一回倒れたけど)そうもいかないし、最終的にパフォーマンスが下がる。







ただ、子どもは良いよなぁって言う人間にはなりたくない。
だっていくら倒れても、今の方が楽だもん。裁量も自分、責任も自分。

もし今ありえないけど、地球が爆発したら、歴史も何もないんだし。
自分の納得した道を、一生懸命生きていこう。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。